はじめてのハワイ旅行

一人旅で帰りのホノルル空港では寂しさを感じたか?

一人旅で帰りのホノルル空港では寂しさを感じたか?

今回は、初めてのハワイへの一人旅を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月に出張目的でオアフ島のワイキキを一人旅で訪れました。その際、ハワイアン航空の羽田ーホノルル間の便を利用しました。そして、一人でハワイを訪れるにあたり、行きの羽田空港では、「ちょっと寂しいと思うタイミングがあった」と言うことを次の記事でご紹介しました。

ハワイ一人旅の行きの羽田空港でふと寂しさを感じた瞬間

「では、帰りのホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)を一人で過ごした感想はどうだったか?」と言うのが、今回お伝えしたい内容です。

行きで寂しさを感じた3つの瞬間

まず、前回の記事、つまり、ハワイへの一人旅において、行きの空港でどのような時に寂しさを感じたか、をおさらいしますと次の通りです。

  1. 荷物を預けるレーン待ちの時
  2. 搭乗ロビーで待機している時
  3. 搭乗して飛行機が出発するまで

行きの空港では、上記のタイミングで、周りを目的地がハワイ行きカップルや家族などのグループに囲まれる中、自分は一人であることを意識することになり、寂しさを感じることになりました。

荷物を預けるレーン待ちの時

一方で、この時、帰りのホノルル空港を一人で過ごした感想としては、結論として行きで感じたような寂しさはありませんでした。その理由をご紹介しますと。

まず、ホノルル空港のチェックインカウンターで荷物を預けるタイミングにおいては、「周りを同じ目的の日本人旅行客のグループに囲まれる」と言うことがありませんでした。行きの羽田では、荷物を預けるレーン待ちの際、「これからハワイに行きます!」とワクワクしている様子の日本人の旅行者のグループに周りを囲まれたので、寂しさを感じました。

一方、私が訪れた15時台のホノルル空港のハワイアン航空のチェックインカウンターは、ほとんど行列ができておらず、ガラガラでした。結果、周りを日本人の旅行客に囲まれるようなことがなく、寂しさを感じませんでした。

ただ、これがJALやANAなどを日系の航空会社を混雑する状況(時間帯や繁忙期)で利用した場合は、別だった可能性があります。と言うのも、その場合は、荷物を預ける行列待ちができ、周りを日本人旅行者に囲まれる可能性があるからです。

搭乗ロビーで待機している時

次に、搭乗ロビーで待機しているタイミングです。行きの羽田空港では、これから搭乗手続きが始まる前の段階で、搭乗ロビーで待機している時に寂しさを感じることになりました。

と言うのも、その搭乗ロビーで待機している人は、基本同じ便、つまり、ホノルルを目指している人だったからです。特に今回利用した羽田空港の国際線の搭乗ロビーの143番の搭乗ゲートは、寂しさを感じやすい雰囲気となっていました。このゲート近くの座席は、「その便利用者専用のエリア」と言う環境になっていたからです。

このゲートは、エスカレーターを下った先の独立した空間となっており、そこで待っている人は、全員同じ便の利用者となります。つまり、そこに一人でいると、周りから「この人は、ハワイに一人で行く人なんだな」と言うことが、丸わかりになります。結果、寂しさを感じました。

一方、帰りのホノルル空港において。こちらでも、利用する便の搭乗ゲート最寄りのエリアは、帰国する日本人旅行者だらけとなっていました。ただ、ホノルル空港の場合は、平面的につながった別のゲート(例えば、隣のゲート)近くの椅子も利用しやすいです。そのような空いているゲート近くであれば、周りを日本人旅行者に囲まれることもなく、寂しさを感じませんでした。

行きの羽田の143番の搭乗ゲートでは、隣のゲートの椅子を利用しようとすると、エスカレータで上ってまた下って、と言う移動の手間がありました。なので、空いていたとしても、ホノルル空港のように手軽に隣のゲートの席を利用する気にならなかったんですね。

搭乗して出発するまで

最後に、日本に帰る飛行機に、実際に搭乗して出発するまでのタイミングです。これは流石に、自分が一人で過ごす中「周りを日本人旅行者に囲まれる」と言う状況を避けることはできませんでした。

なので寂しさを感じる人は感じるタイミングとなるはずです。ただ、今回のケースでは、私は、そのような寂しさを感じませんでした。と言うのも、帰りの時は、周りの乗客に対して、「同じタイミングでハワイを訪れた同士」と言うアロハな心境になっていたからです。

また、寂しさを感じる以上に、旅の疲れを感じていたこともその理由です。そのため、飛行機が出発するまでは、周りがどうあれゆっくり休むことになりました。

と言うわけで、帰りのホノルル空港を一人で過ごした結論としては、行きの羽田空港で感じたような寂しさはありませんでした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly