Read Article

ハワイ一人旅でツインの部屋に泊まる時のピローチップをどうしたか?

ハワイ一人旅でツインの部屋に泊まる時のピローチップをどうしたか?

今回は、一人旅でのハワイ旅行を初めてする人のうち、「一人で泊まるけど、宿泊するホテルの部屋が、ベットが2つあるツインの部屋だよ」と言う人に伝えたい情報です。

私は、これまでにしたハワイへの一人旅で、ツインの部屋に一人で泊まる経験を何度かしました。直近では、2018年1月にしたハワイ出張で宿泊したワイキキ・サンドビラ・ホテルの部屋がツインの部屋で、そこに一人で泊まりました。

このような時に、悩むことになるのが、「ベットを1つしか使わないけど、そのチップはベット1つ分でいいんだろうか?」と言う点です。ここで言うチップとは、ベッドの枕元に置くチップのことで、ピローチップとも呼ばれるものです。

ベット1つ分のチップしか置かない

結論から述べると、私は、このようにハワイでツインの部屋に宿泊し、ベットを1つしか使わない状況では、自分が使ったベッド分のチップしか置かないようにしています。仮に、ベット1つあたり1ドルのチップを置くのであれば、使ったベットの方の枕元に1ドル札を1枚置くだけ、と言うことです。

ただ、この場合のチップについて、「このやり方が正解」と言うつもりは、ありません。と言うのも、ハワイに長年暮らす在住者の方から、「チップに正解はない」と言うアドバイスを、何度も貰った経験があるからです。なので、「あくまで私はこうしていますよ」と言うご参考程度に考えてください。

1つのベットしか使わない場合でも、「原則ベット1つに1ドル」ということで、「2ドル置く」という考えや、「そもそも全く置かない」という考え方だってあるはずです。

ベット1つ分しか置かない方針としている理由

私が、ツインの部屋に一人で宿泊する際に、ベット1つ分のチップしか置かない方針としている理由は、このチップに対し「ベットメーキングの手間へのお礼」という捉え方をしているからです。

つまり、部屋のクリーニングが入る時、ベット1つしか直さないのであれば、「その直すベット分のチップで十分であろう」という考えでいます。

これが例えば、ベットを使った形跡があろうがなかろうが、そのホテルにおいて、「ツインの部屋のベットメーキングは、必ず2つのベットを行なっている」というのならば、2つ分のチップ(1つあたり1ドルと考えるなら2ドル)を置きます。

ですが、これまで私が宿泊したハワイのホテルでは、全く使わなかった側のベッドメーキングをし直している様子がなかったんですね。なので、「1つ分のチップでよかろう」という方針としています。

ベットが1つの部屋タイプを選ぶ方法もある

このようなチップの方針を考えるのが面倒な人は、ベットが1つだけの部屋タイプがあるホテルを選ぶのも、1つの方法です。こうすると、上述のような「ツインの部屋で1つしかベットを使わない場合」というチップの悩みを持つことはなくなるからです。

例えば、アラモアナ・ホテル・バイマントラには、ベットが1つしかない部屋タイプがありました。次の写真の通りです。

アラモアナホテルのシングルベッド
アラモアナホテルにはシングルベッド1つの部屋タイプがあり、一人旅で泊まりやすい

このように、ハワイのホテルでも、中にはベットが1つだけの部屋タイプのあるホテルが存在します。特にキングサイズのベットの部屋タイプがあるホテルでは、部屋にベット1つの部屋タイプがある印象です。

ただ、こうした場合、宿泊できるホテルや部屋タイプの選択肢が限られることになります。ので、チップで迷う可能性はあっても、やはり「ツインの部屋に一人で泊まる」というプランは、残しておいた方が良いです。

Return Top