はじめてのハワイ旅行

ハワイで使えるプリペイドSIM、H2O Wirelessの魅力

ハワイで使えるプリペイドSIM、H2O Wirelessの魅力

今回は、ハワイ旅行で日本からSIMフリーのスマホを持ち込んで使いたい人に向けて。H2O Wirelessと言うプリペイドSIMをご紹介します。

プランの選択肢が充実している

それでは、ハワイで使えるH2O WirelessのプリペイドSIMの魅力をご紹介しますと、まずそのプランの選択肢が充実していることがあります。

H2O Wirelessの公式サイトでプランの情報を見る

上のリンク先を見ていただくとわかりますが、H2O Wirelessには、大きく2つのプランがあります。1つは、月単位のMONTHLY UNLIMITED PLANSと言うプランで、もう1つは従量制のPay As You Go と言うプランです。

以前このブログでご紹介してきた、ZIP SIMには、この従量制のプランがありませんでした。なので、まずこの従量制のプランを選べる点が、H2O Wirelessの魅力と言えますね。

特に、ハワイであまりデータ通信を使わず、通話やSMS(TEXT)を中心に利用する人の場合。$10からプランを選択できるH2O Wirelessは、かなりお得に利用できる業者となりますね。

逆に。ハワイでスマホのデータ通信をたくさん利用したい人は、MONTHLYのプランを選択することもできるわけです。このように目的に応じて、様々なプランが選べる点がH2O Wirelessの魅力ですね。

AT&TのMVNOなので電波の良さに期待できる

次に。H2O Wirelessは、AT&TのMVNOなので、その電波の良さに期待ができます。

H2O Wirelessの公式サイトで通信エリアを見る

上のリンクは、H2O Wirelessの公式サイトの通信エリアのページです。このページで、「honolulu」と検索してみると、H2O Wirelessは、オアフ島において通話もデータ通信も、その通信エリアが良いことがわかります。特にデータ通信に関しては、オアフ島であればほぼ全域が4G LTEでカバーされていることもわかりますね。

また、私が、実際にオアフ島でH2O Wirelessの使用した範囲では、どこに行っても電波が悪くなることはありませんでした。具体的には、ワイキキはもちろん、カイルアやノースショアでも問題ありませんでした。

携帯電話の通信エリアの状況は日々変わるものです。ですが、私はこれまでの実体験として、ハワイではキャリアによってはワイキキのビルの室内で電波が入りにくい経験をしたこともあります。

なので、プリペイドSIMを選ぶにあたりこの電波の良さは、私が重視しているポイントです。そのため、これまでは通信エリアが広いAT&TのGoPhoneのプリペイドSIMを利用していました。

が、それ以外の選択肢としてH2O Wirelessも選べることがわかりました。これは嬉しいですね。

日本で手に入れやすい

最後に。H2O WirelessのプリペイドSIMは、手に入れやすいこともその魅力と言えます。具体的には、日本のAmazonやisoon.orgというサイトで販売しています。

で、私は、実際にisoon.orgでH2O WirelessのプリペイドSIMを購入してみました。その結果ですが・・・、ちゃんと届きました。この記事のトップの写真が実際に届いたそのSIMの様子です。

さらに。このサイトでは、面倒なアクティベーションの作業の代行までしてくれることがわかりました。
h2o-accountなので。上の画像の通り、H2O Wirelessのアカウントページで、日本にいる間にハワイの808の電話番号が発行されていることも確認できました。これは英語となるH2O Wirelessの公式サイトの使い方がよくわからない人には、本当に便利なサービスとなります。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly