はじめてのハワイ旅行

H2OのSIMがホノルル空港ですぐに使えなかったときの体験談

H2OのSIMがホノルル空港ですぐに使えなかったときの体験談

今回は、ハワイ旅行にSIMフリースマホを持ち込む人のうち、現地SIMとしてH2O Wireless(以下、H2O)のSIMを利用する予定の人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「H2OのSIMでの通信が、ホノルル空港についてすぐに使えないことがあったので、そうなることを想定しておいた方がいいよ」ということです。

H2OのSIMのよさ

これまで、私がハワイ旅行において、H2OのSIMのよさとして感じていることに、「ホノルル空港に到着後、すぐに使える」ということがありました。

どれくらいすぐに使えるかというと、空港に飛行機が着陸し、機内で電波を発する機器の使用がOKになったら、その瞬間に使い始められるくらいすぐに使えるのが魅力でした。なぜそのようなことができるかというと、このSIMは、日本でそのSIMを物理的に手に入れやすい上、日本にいるうちにアクティベーションができるからです。

そのようにアクティベーション済みのSIMを、日本の空港を出発するタイミングで、SIMフリースマホに挿しておけば、ハワイに到着してすぐに、使えるようになるわけですね。

H2OのSIMを利用した場合、このようにホノルル空港に到着して、すぐに使える魅力があります。なので、私は着いてすぐに連絡したい用事、もしくは、スマホでネットを使いたい時は、このSIMを利用することにしていました。

ワイキキまで電波が入らないことがあった

そして、これまでの私の経験では、H2OのSIMの利用で、「ホノルル空港に着いてすぐに使えない」ということはありませんでした。ですが、私が2018年1月のハワイ出張で、ホノルル空港に到着した時は、残念ながら、アクティベーション済みのH2OのSIMでも、「すぐに使えない」という状況になりました。

この時、私は、ホノルル空港に到着してすぐに、H2OのSIMを刺したスマホで、ハワイ現地の人に電話、もしくはSMSで連絡する予定でいました。ですが、ホノルル空港に到着後も、空港内では一向に電波が入らず、音声通話もデータ通信もできない状況が続きました。

空港内にて、APNの設定を確認したり、スマホを再起動するなど、色々と試したのですが、それでもダメでした。結局、このSIMで通信ができるようになったのは、ワイキキに着いてからとなりました。

ちなみに、ワイキキに着いてからは、特にスマホの設定を変えなくても、音声通話もデータ通信もできるようになりました。つまり、ホノルル空港で使えなかった理由として、「その設定が悪かった」ということは考えられません。

なので、正確には、わかりませんが、本当にたまたまその時、電波の通信状況が悪かったのかもしれません。

SIMでの通信が使えないことを想定しておく

いずれにせよ、この体験から、現地に着いてすぐに使える想定のH2OのSIMでも、それが使えない場合があることがわかりました。なので、それを想定した対策の必要性を感じました。

例えば、スマホでデータ通信をしたいならば、「ホノルル空港の無料WiFiの利用の仕方を調べておく」などです。2017年12月から、ホノルル空港では、広告を見ることで一定時間無料でWifiを利用できるサービスが始まっています。

ただし。私が2018年1月に訪れた時は、残念ながらその無料のWifiサービスも使えませんでした。単純に空港内でそのWifiの電波が見つからなかったためです。

なので、想定するならば、「全くスマホが使えない」という状況を考えておいたほうが、より安心です。例えば、資料をオフラインでも見られるようにしておく、重要な情報は紙にも印刷しておく、などです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly