Read Article

iPhoneとハワイのプリペイドSIM利用時に気をつけるべき操作

iPhoneとハワイのプリペイドSIM利用時に気をつけるべき操作

今回は、ハワイ旅行中、日本からSIMフリーのiPhoneを持ち込み、現地のプリペイドSIMを利用するのが初めての人に伝えたい注意点です。

ハワイでは、旅行者が利用できるプリペイドSIMがたくさんあります。このサイトでも、これまで、そのようなSIM業者として、ZIP SIMH2O Wirelessなどをご紹介しています。

現地SIMには日本と同じような感覚で利用できる安心感がある

このような現地のSIMをハワイで利用すると、日本で利用しているのと同じような感覚で、iPhoneのデータ通信を利用できます。

というのも、これらの現地プリペイドSIMで使えるデータ通信の容量が、1週間程度の期間で利用する分には、十分な容量が確保されているからです。例えば、この記事を書いている現在、ZIP SIMでは最安のプランで500MB、H2O Wirelessの場合はMonthlyの最安のプランで3GBとなっています。

もちろん、動画をたくさん見る、など人によっては、この容量でも足りない人もいます。が、ハワイ旅行中、地図を見る、ネットで検索する、メールを見る、程度の利用の仕方であれば、1週間で500MBを使いきれない人の方が多いはずです。

また、SIMフリーのiPhone + 現地のプリペイドSIMを利用する良さは、自分が想定している以上に通信費用が発生しないことです。

中には、H2O Wirelessのように、従量制のプランを選択できる業者もあるのですが、1ヶ月間単位の固定料金のプランも選択できます。

なので、現地のプリペイドSIMを利用すると、国際ローミングで利用する場合と比較し「最初に払ったこのお金以上は通信費用がかからない」という安心感があるんですね。

というわけで、SIMフリーのiPhone + 現地のプリペイドSIMを利用すると、ハワイにいても、日本と同じような感覚でiPhoneを利用できます。

日本にいるときの感覚でついやってしまいがちな危険な操作

ところが。ハワイ旅行中、現地のプリペイドSIMが日本と同じ感覚で使えてしまうために、ついやってしまいがちな危険な操作があります。その操作とは、App Storeで行うアプリのアップデートです。

私は、ハワイ旅行中に、Ready SIM(現在のZIP SIM)の最安プラン(データ通信の500MBのプラン)を利用しているときに、ついそれをやってしまったことがあります。また、運が悪いことに、その際、合計で100MB単位のアプリの更新をすることになりました。

これによって、意図せず上限500MB中の100MBを利用してしまったわけです。

で、私がなぜこのような操作をしてしまったかというと、普段日本で自宅にいるときは、何も考えずに、アプリのアップデートをしているからです。

そして、ハワイ旅行中も、宿泊先で自宅にいるような気分となり、ついつい、データ容量の上限を気にせずアップデートしてしまったわけです。

このときも、すぐに気がつけば、App Storeのアプリ上から、アプリのアップデートを途中でキャンセルすることができました。ですが、食事のために、アプリのアップデートをかけた後、iPhoneを放置してしまいました。

そして、食後、「あっ、しまった・・・」と気がついた次第です。実は、このときの宿泊先には、無料のWifi通信環境もあったのですが、その設定をするのも忘れていたんですね。

結果として、アプリの更新のために、想定外にデータ通信を利用することになりました。

ハワイ旅行中はApp Storeのモバイル通信をオフに設定した方が良い

この経験から、現地プリペイドSIMを利用する場合、ハワイ旅行中はApp Storeのモバイル通信をオフに設定した方が良いことがわかりました。

ご存知のない方にご紹介すると、iPhoneでは、アプリごとに、「これはSIM経由でのデータ通信をしないようにする」という設定ができるんですね。

なので、App Storeのアプリに対して、モバイル通信をオフに設定することで、私がしたような無意識にアップデートをしてしまうミスを防ぐことができます。

その設定方法をご紹介しておきますと。まず、設定→モバイル通信とタップします。そして、そのモバイル通信の画面の下の方に、「モバイル通信を使用:」という欄があり、その中にApp Storeのアプリがあります。

そのApp Storeのトグルボタンをタップすることで、モバイル通信のオン・オフを切り替えることができます。

ちなみに、「オフ」に設定し、モバイル通信下で、App Storeのアプリを立ち上げると、「””App Store””のモバイルデータ通信はオフです」というメッセージが表示されるようになります。

つまり、Wifi環境下でしかApp Storeのアプリが機能しなくなるのでご注意ください。

またApp Storeのアプリに対し、モバイル通信をオフに設定すると、モバイル通信下では、アプリのアップデートだけではなく、新しいアプリのインストールもできなくなります。その点にはご注意ください。

Return Top