はじめてのハワイ旅行

ハワイ旅行で行きの機内で現地SIMに差し替えた感想

2019年4月24日
ハワイ旅行で行きの機内で現地SIMに差し替えた感想

今回は、ハワイ旅行に日本からSIMフリーのスマホを持ち込み、ハワイ現地のSIMを使うのが初めての人に伝えたい情報です。

その場合、日本の空港を出発しハワイに到着するまでのどこかで、スマホにその現地SIMを差し込む必要があります。そのタイミングとして、例えば、日本の空港で搭乗口、ハワイに向かう機内の中、ハワイに到着してから、などが考えられます。

そのタイミングのご参考として、私が2019年1月にしたハワイ旅行で、ハワイ行きの機内でスマホのSIMを差し替えた感想をご紹介します。

利用したSIMとスマホ

まず、今回の旅行で利用したSIMとスマホをご紹介すると次の通りです。

今回は、家族旅行だったので、現地SIMとして、ZIP SIMとLycamobileの2つ業者のものを1枚ずつ利用しています。妻用と私用です。

またこれらのSIMを利用したスマホは、妻も私もiPhoneでした。それぞれ、日本で使っているSIMが差し込んである状況です。

どちらのiPhoneもデュアルSIMに対応したものではありません。なので、ハワイ現地のSIMを利用するにあたり、「日本で使っているSIMを取り出し、差し替える」という作業が必要となりました。

機内で差し替えることになった理由

これまで、私はハワイ旅行で何度も、SIMフリーのスマホを持ち込み現地SIMを利用する、ということをしています。差し替えるタイミングとしては、行きの日本の空港の搭乗口で、飛行機に乗り込む直前に行うことが多かったです。

というのも、「機内でSIMを差し替えようとして、機内の揺れから小さなSIMを落としたら嫌だな」と考えていたからです。なので、安定した地上にいるうちのギリギリ最後に、SIMに差し替えることにしていました。

ところが、今回は、搭乗口でそれができませんでした。なぜなら、出国前エリアでゆっくりしすぎたからです。結果、搭乗口に着いた頃には、「最終案内が終わっています」というギリギリの状況となり、SIMの差し替えどころではなかったんですね。

そのため、行きの空港の搭乗口ではSIMを差し替えられず、それをするとすると、機内か、ハワイに到着してからのどちらかですることになったわけです。

機内で差し替えると揺れで落としそうになって怖い

そして「じゃ、機内で差し替えてみるか」と、試してみることにしました。というのも、今回利用したLycamobileは、日本にいる間にアクティベーションができるものだったからです。

アクティベーション済みのSIMは、機内で差し替えておくと、飛行機がハワイに到着して「電子機器の使用OK」となった瞬間に、スマホで通話やデータ通信ができるはずで、それを確認したかったんですね。

また、ZIP SIMに関しては、差し替えるだけで、ハワイに着いた瞬間に自動的にアクティベーションされ、すぐに使えるようになる、というタイプのSIMでした。ただ、これまで私がハワイで利用した経験上、ホノルル空港ですぐに使えるようにならなかったことがありました。なので、それがなるべく早く済むように、機内にいるうちに差し替えておきたいと考えました。

というわけで、機内でiPhoneのSIMを差し替えることにしました。妻用と私用で二回、その差し替え作業をしたのですが、結果としては、問題なくその作業が完了しました。ですが、その作業中、ぽろっと、SIMやSIMトレイを取り出すピンを落としそうになり、ヒヤリとすることがありました。

やはり、機内で差し替えると揺れで、SIMやピンなど小さなものを落としそうになって怖かったです。

というわけで、現地SIMに差し替えるタイミングとして、日本の空港の搭乗口など、地上の安定した状況で差し替える方が、良いと実感しました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE